kenshin

194

なぜ定期検診(メインテナンス)が重要なの?

歯・口は毎日使います。一度治療した歯、歯肉も毎日様々な刺激にさらされます。
常に濡れた環境下で食事や歯ぎしりなどで歯にかかる力、摩耗、温度変化などに始まり、
磨き残しや再び付着する歯石、磨いていても「磨けている」とは限りません。

検診の際には歯周病、虫歯、その他あらゆる角度からお口の中をチェックし、皆さまそれぞれの
お口に合ったケア・クリーニング・指導を致します。

義歯(入れ歯)をお使いの方は義歯の洗浄、金具や粘膜面、かみ合わせの調整も適宜行い、
調子の良い状態を維持します。

3か月での検診はなぜ?

3か月あると虫歯が出来るといわれています。
早い段階で発見できれば治療回数も少なくて済み、歯への影響も最小限ですみます。
また、コーヒーやタバコなどによる着色や歯周病の原因となる歯石が付き始めるころで、
治療でよくなったキレイなお口の状態を、良い状態で維持するためにも、検診で「健康維持」
「再発防止」を目指しましょう!

※患者様のお口の状態によって、1~2か月など間隔を短くした検診をお薦めしております。