aesthetic

inlay_silver

虫歯の治療、インプラントにはじまりブリッジや入れ歯など、歯、口元の見た目、機能を回復させる材料の種類は多岐にわたります。
治療する場所によっては機能のみならず、見た目も大変重要です。
当院では患者様一人ひとりのご希望を伺いながら、出来るだけ美しく、そしてきちんと噛めるお口を目指し最適な材料を選択、ご提案いたします。
 

materials

inlay_ceramic

歯科用プラスチック

保険適用内で歯の白くできる材料です。
保険適応なので比較的安価に施術が可能ですが経時的に変色や摩耗、欠けが起こりやすい材質でもあります。
状況によってプラークがつきやすくなる事もあります。

材質の特性上、あまり大規模な修復には向きません。

ハイブリッドセラミックス(保険適応外)

レジンにセラミックス粒子を混ぜる事でプラスチックよりも耐摩耗、耐変色を達成した材料です。
適度にすり減るため割れにくいといわれますが、色調はセラミックスより劣ります。
      

セラミックス(保険適応外)

陶材ともいわれ、天然歯と同じ様な歯独特の透明感を出せるので、より自然に仕上がります。
セラミックスは変色することが無く、摩耗にも強く、表面が滑らかで汚れが付きにくく落としやすいという利点があります。

つまりセラミックスは特性上、見た目だけではなく虫歯の再発も防ぎやすいのです。