caries

817112672c5b6faae3be94231d750081_m

いわゆる虫歯は歯、歯質の細菌感染症です。

細菌が食べ物由来の糖を分解するときに出来る酸が歯を溶かします。
初期の段階では歯の表面が白っぽく濁り(白濁)始めます。
そのまま進行すると歯質の内部に細菌の感染が広がり、溶かされる歯質の範囲も拡大していきます。

それがいわゆる「虫歯で穴が開いた」状態です。
必ずしも「痛む=虫歯、痛まない≠虫歯」という訳ではありません。

穴の深さによって、細菌に感染した歯質を削る、詰める、あるいは歯の神経を取る、などと治療方法が選ばれます。