loss

残念ながら歯が無くなってしまった部分に対する治療です。
再びその部分で噛めるようにする方法は大きく3つあります。

インプラント

376556717_682ee9a149_b

インプラントとは人工歯根とも言い、失ってしまった歯の代わりにチタン製の人工臓器です。
顎の骨に直接埋め込む事で、自分の歯と同じ様に機能させる治療法です。
歯の無い欠損部分だけの問題として解決できるので、周囲の歯を削ったり負担をかける必要がありません。

歯としての噛む機能だけではなく、審美性(見た目の美しさ自然さ)も良いので治療後の満足度は非常に高いです。
インプラント体を埋め込む顎の骨の状態に依存するので、埋入の際に場合によっては補助的な処置が必要になる事もあります。

インプラントは保険適応外の処置となります。

ブリッジ

bridge_a02

ブリッジとは名前の通り歯を使った「橋(ブリッジ)」で歯の無い部分を補う方法です。
歯の無い部分の前後の歯を削り処置いたします(状況によっては歯の神経を取る処置が必要になる事もあります)。

歯に固定するので違和感が出にくく、後述する入れ歯の様に自分で脱着しないという利点の反面、欠損の前後の歯が健康(虫歯が無い)でもブリッジの為に削る必要がある事や、場所によっては清掃が難しい事が欠点として挙げられます。

なお、欠損の範囲が広い場合や欠損の場所によってはブリッジの処置が出来ない場合もあります。

入れ歯(義歯)

ireba

入れ歯には総入れ歯と部分入れ歯があります。ピンク色の歯茎部分と人工歯から成ります。
歯を失う事で引き起こされる問題は噛み合わせの問題だけではありません。
歯が無くなった場所は顎の骨が下がっていたり、噛み込みが深くなってしまう事から顔貌や口元のほうれい線に影響します(丸顔になる、口元の皺が深くなる等)。
しっかりとした入れ歯を使う事で、食事や会話といった機能以外にも日々の生活にとって大切な要素を劇的に改善する事も可能です。

総入れ歯は歯を全て失ってしまった方が使うタイプです。
一般に歯茎への吸着によって維持・機能します。
部分入れ歯は、部分的に歯を失ってしまった所に使うタイプの入れ歯です。
部分入れ歯の場合、残っている歯を支えとする為バネ(クラスプ)をかけます。
場所によっては見た目に影響があったり、バネをかける歯に負担がかかります。

入れ歯の弱点は口の中に違和感が出やすい事が挙げられますが、しっかりと調整していく事で克服は可能です。

保険適応外となりますが、バネを目立たない材質にしたり、金属床といって厚みを薄く仕上げて違和感や強度を上げる、磁石を用いるなど、保険適応外の入れ歯は保険の入れ歯よりも見た目をより自然に出来たり、食べ物の味を区別しやすくなる、安定性が増すといった利点があります。